コロナウイルスの影響で在宅勤務を導入する企業が増えていますね。これはネットインフラが整っている事や、仕事のIT化が進んだ事で実現可能な取り組みだと思います。

全てが全て在宅のネット環境で解決できるものではないと思いますが、今回は在宅勤務のメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

在宅勤務のメリット

通勤時間が掛からない

在宅勤務は職場が家になります。そのため、通勤時間が削減されます。

職場の近くに住んでいる方はそこまで影響を感じないかも知れませんが、毎日片道1時間近く通勤をしている方からすると、これは大きなメリットとして感じるかと思います。

特に朝の満員電車は、人混み・匂い・立ちっぱなしなどで、肉体的・精神的にも負荷が多いです。

また、できた時間を別の趣味や自己研鑽などに充てる事が可能です。まさにワークライフバランスが上手に取れると思います。

例えば、仕事を終えて身体の健康のために筋トレジムに定期的に通う事も可能です。通勤していると服装や場所、時間的な制約も発生するので在宅勤務でのメリットとも言えると思います。

生産性が上がる

在宅勤務だと、基本的に自分で創り出したプライベート空間での作業になります。つまり、変な横槍が入らず自分の作業に集中する事が可能です。(これはフリーランス向きの考え方の人に多い傾向かと勝手に思っています。)

在宅勤務で気付く人もいるかと思いますが、会社にいる時は意外と突発的な対応が多くて自分の仕事が進まないことが多いものです。それを在宅勤務では解決してくれます。

在宅勤務のデメリット

業務時間とプライベート時間の線引き

仕事とプライベートの時間が曖昧になる事も少なくありません。特に日本の働き方で言えば業務終了の時間の決め方が難しいと思います。

これは勤怠管理の難しさにも影響します。一律、みなし業務時間としてしまえば、残業をしたとしても、その分の給料請求が難しくなります。

申請できるスキームがあったとしても、会社の仕組み上満額回答がもらえない可能性もありますよね。このあたりは整備をする必要がありそうですね。

作業環境が劣る可能性がある

会社のデスクは仕事用に準備されているかと思いますが、家庭の環境では会社までの設備は整っていない事がほとんどかと思います。

例えばPCのモニターを常用していた人が急にノートPCだけでの仕事は慣れないです。小さい画面に目を凝らし覗き込む姿勢は、肩こりの原因に、イスがない場合は腰痛の原因になります。作業環境は実は健康にも繋がっている事がわかりました。

コミュニケーションが不足する

「なんでもPCでできる時代だよ」とは言いつつも人と人でビジネスが成り立っているのも事実。相手に会って進む事もある中、メール・電話だけではコミュニケーションに限界があるかも知れません。

業界によって影響の度合いは変わるかも知れませんが、実際にメール・電話だけでのやり取りは苦労するとよく耳にするようになりました。

ここ最近では在宅勤務が増えていますが、メリット・デメリットどちらもある中で上手に付き合う必要がありそうです。

運動不足に注意

在宅勤務になると、家にいる事も多くなるので運動不足にも繋がります。

そんな時には家で簡単にできる「自体重トレーニング」のようなものもありますので、是非活用してみてはいかがでしょうか。

「自体重トレーニング」についてはこちらの記事で詳しくご紹介していますので是非ご覧ください。

おわり