最近では高齢者の健康促進や女性の美容目的にもプロテインが利用されるようになりました。私は高校野球経験者ですが、当時はプロテインを摂取している人はほとんどおらず、親の料理や弁当・間食に工夫を凝らして下さいと言われるだけの時代でした。

今では合理的に、かつ効率的に筋肉を鍛えることができて、時代の変化を感じています。そんな便利なプロテインも果たしてメリットだけなのでしょうか。

今回はプロテインだけ摂取すれば良いんじゃないの?と言うような疑問にお答えしたいと思います。

プロテイン摂取は太るのか

プロテインを飲む事と、脂肪増加の関係は無いとされています。しかし、タンパク質の過剰摂取となると太る原因になります。

理由は、タンパク質にも「カロリー」が含まれているからです。カロリーの過剰摂取は太る事に繋がります。また過剰に摂取されたタンパク質は脂質として蓄積がされます。そのような理由から、タンパク質の過剰摂取は太る事に繋がると言えるでしょう。

しかし、心配はいりません。何においても過剰摂取は良くない事は当たり前です。適量の摂取であれば問題ないので、上手に付き合う事が大切です。

プロテインのメリット・デメリット

プロテインのメリットは以下が考えられます。

【メリット】

  • 必要な栄養素を簡単に摂る事ができる
  • カロリーコントロールが簡単
  • タンパク質の他にも必要な栄養素が含まれている事が多い
  • 吸収されやすい
  • コスパが良い

しかし、同時にデメリットも考えてみました。

【デメリット】

  • 栄養素の過剰摂取
  • 空腹感に満たされない

過剰摂取について、普段の食事とプロテインを組み合わせると目安の必要量が上回る可能性があります。

そうなると、健康障害へのリスクもあるので、くれぐれも基準値を超えない量を心がけて下さい。全体の栄養バランスを見て、それぞれ適量を摂取する事が望ましいのです。

上手く付き合いましょう

プロテインの過剰摂取についてのリスクはあるものの上手く避けつつ、適量を効率よく摂取をすれば問題ないです。タイミングとしては、トレーニング後30分以内、食事と一緒に、就寝前が良いでしょう。

トレーニング後の30分以内

トレーニングが終わった30分以内は筋肉を構成するタンパク質の合成が、非常に活発になります。そのため、タンパク質が不足しないように摂取を心がけましょう。不足してしまうと、トレーニング効果が低くなります。トレーニングをしたからにはしっかりと効果を受け取りましょう。

食事と一緒に

体内の糖質が不足していると、タンパク質がエネルギー源として消化されます。つまり、トレーニングをして筋肉強化の為のタンパク質が、エネルギー消化の為に使われ筋肉増加の効果に影響が出ます。

もちろん、食事で糖質を織り交ぜたものも摂取しつつ、プロテインでタンパク質を補うのが良いでしょう。

就寝前に

就寝中は筋肉量を増やす役割を担う成長ホルモンが多く分泌され、そのタイミングでタンパク質も吸収され筋肉量増加に繋がります。ただ、就寝直前の摂取は消化器官への負担が大きいので、目安としては就寝の1~2時間前に済ませることをオススメします。

今の時代では食に対する研究も多くされるようになり、合理的な栄養摂取についても分かるようになりました。簡単に適量を摂取できるプロテインと上手に付き合いながら健康生活を共に手に入れていきましょう。