「超回復」を聞いたことがありますか。これは筋肥大を行う上で非常に重要なキーワードとなります。

筋力増加、筋肥大には単にトレーニングだけ行えば良いという訳ではありません。しっかりとした休息も必要なのです。

その休息に関連するキーワードとして「超回復」があります。今回は超回復についてご紹介していきます。

超回復とは

超回復とはトレーニングを行った後に起こる筋肥大化に向けた現象の事を言います。もっと簡単に言うと、傷を受けた組織の回復の事と思って頂ければと思います。

・超回復に必要な時間~、

・超回復中にはタンパク質(アミノ酸)が必要~

などの使われ方をします。

トレーニングを行うと筋肉(筋繊維)への損傷やエネルギー枯渇、また身体へのストレスにより疲労が発生します。

その後に休息をとる事で筋肉が回復していきますが、その過程の中で筋力が増えたり、筋肥大化がされます。

休息時間はトレーニング後48時間~72時間は必要

超回復にかかる時間は一般的に48時間~72時間と言われています。これよりも短い時間でトレーニングを行うと筋肉が十分に休まっていないので、傷のついている筋繊維がさらに破壊される事に繋がります。

過度なトレーニングについてはこちらでご紹介しているのでご覧下さい。

過度なトレーニングは結果的に筋肉が成長しなかったり、けがの可能性もあるのです。

一方で久しぶりにトレーニングを行うと筋肉が負荷に慣れていないため、78時間を経過しても筋肉痛が消えない事もあります。

その場合も筋肉痛が取れるまでは休息をしましょう。何回かトレーニングを繰り返すと筋肉がトレーニングされる事に慣れてきて、徐々に休息の間隔が短くなります。

超回復中にもしっかりとタンパク質を取りましょう。

超回復は筋肥大に向けた現象ですが、超回復中には栄養素(主にタンパク質)を取り入れ、筋肉の再生を行います。タンパク質も適量であれば、再生の手助けとなるので回復力にも寄与すると言われています。

つまり栄養素が不足していると超回復を経ても筋力増加や筋肥大の効果が受けにくくなるのです。

超回復中は、しっかりと休む事、そして栄養素を摂る事、この2点をしっかりと意識していきましょう。