新型コロナウイルスでステイホームが余儀なくされる現在では、以前よりも行動が制限されたり、周囲の人とコミュニケーションを取りづらくなったりしたことで、あらゆる健康二次被害が懸念されています。

体重増加による生活習慣病リスクやメンタルの不調といった心身への悪影響に、不安を感じている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、健康二次被害で考えられることや予防法についてわかりやすく解説します。

コロナによる健康二次被害を防ぎたいとお考えの方は、ぜひ役立ててみてください!

コロナによる健康二次被害とは

新型コロナウイルス感染症が世界的に大流行となってからは、日本でも外出制限やリモートワークが求められるようになりました。

その結果、次のような理由によって健康二次被害の心配が出てきました。

  • まとめ買いによる偏った食生活
  • 外出自粛による運動不足
  • 我慢が続くことによるストレス

では具体的にどういうことなのか、さっそく見ていきましょう。

食生活の乱れによる生活習慣病リスク

まず1つ目は、食生活の乱れによって生活習慣病リスクが高まる健康二次被害です。

感染症対策として外出自粛が呼びかけられるようになってからは、スーパーやコンビニでまとめ買いをする人が増えました。

日持ちする手軽なインスタント食品を、日常的に食べる人が多いと思います。

その結果、必要な栄養素をしっかりと補給できなかったり、偏った栄養ばかりを取り入れたりすることで、肥満に陥る「コロナ太り」が目立つようになりました。

単純に体重が増えるだけでは健康二次被害になりませんが、体重増加につながるような乱れた食生活を送ることで「高血圧」や「動脈硬化」といった、生活習慣病リスクの懸念が高まっています。

運動不足による筋力の低下

続いて2つ目は、運動不足によって引き起こされる健康二次被害です。

外出自粛によってリモートワークに切り替えたり、外食・買い物・レジャーの機会が減ったりすると、家にいる時間が長くなります。

すると、体を動かさないことで運動不足となり、上記でもご紹介した生活習慣病リスクを高めてしまいます。

また、コロナ感染症で重症化しやすい高齢者の方に関しては、急激な外出自粛によって、下記のような健康二次被害の懸念があります。

筋力の低下 → 歩行困難 → 要介護

ストレスによるメンタルの不調

最後3つ目は、ストレスによるメンタルの不調です。

今はニュースや新聞、ネットをみてもコロナ関連の話題ばかりで、気分が沈むことも多いですよね。

夜も眠れなくなったり、いきなり涙が出てきたりといった、メンタルの不調を抱える人は少なくありません。

さらに、自粛生活が長くなることで周囲の人と円滑なコミュニケーションを図るのが難しくなり、一人で悩みを抱え込んでしまいがちです。

ストレスによる頭痛や、食欲不振などの体調不良に陥る人が増えています。

これらの健康二次被害は、年齢・性別関係なく発生する可能性があるため、withコロナ時代を健康的に生き抜くためには、適切な方法でストレス発散をする必要があるでしょう。

健康二次被害を防ぐための予防法

新型コロナウイルス感染症による健康二次被害を防ぐためには、日々の生活のなかに次の3つの予防法を取り入れてみてください。

栄養バランスを意識した食事をする

気軽に食べられる加工食品やインスタント食品は、面倒な手間をかけずにお腹が空いたらすぐに食べられる便利なものです。

しかし、タンパク質やビタミン類が不足してしまう可能性が高いため、栄養が偏ってしまいがちです。

そこで意識したいのが、食事で摂取する総合的な栄養バランスです。

  • インスタントラーメンに卵を入れる
  • 食パンにサラダチキンとチーズをのせる
  • 野菜と肉が入った豚汁を作る

このような手間を少しだけ加えることで、栄養バランスがぐんとアップします。

ダイエットはもちろん、健康にも良い食事となるので、コロナによる健康二次被害が気になる方は、ぜひ試してみてください!

簡単な筋トレ・ストレッチをする

外出する機会が少なくなると、必ず運動量が低下します。

すると、消費カロリーよりも摂取カロリーの方が上回ってしまったり、筋力が低下することで、関節に負担をかけてしまったりする恐れがあります。

このような運動不足による筋力低下や基礎代謝低下を防ぐためには、運動が苦手な人でも可能な筋トレやストレッチを始めてみてください。

簡単なストレッチはもちろん、体幹を鍛えるプランクや下半身の筋肉量をアップさせるスクワットは、とても効果的です。

対策をしたうえで適度に体を動かす

体を動かさずにじっと家の中にいると、孤独や不安で頭がいっぱいになってしまい、メンタルの不調を感じやすくなります。

ストレスの発散をするためにも、以下のような対策を行った上で適度に屋外で体を動かしましょう。

  • マスクを着用する
  • 手洗いを徹底する
  • ソーシャルディスタンスを意識する

運動習慣のない方は、1日30分のウォーキングを目安に始めてみるのが良いですね。

運動のやり方がわからない人はパーソナルジムがおすすめ

「運動が苦手」「運動のやり方がわからない」このように感じている人は、トレーニングの正しいフォームを教わるためにも、パーソナルジムを活用してみてください。

パーソナルジムでは、筋トレやストレッチに詳しいパーソナルトレーナーから直接指導してもらえます。

その人に一番適した運動方法をわかりやすくアドバイスしてもらえるので、運動習慣がない方や運動に苦手意識が強い方にも、かなりおすすめです。

今はコロナ対策を徹底しているパーソナルジムも増えているので、ぜひ気軽に訪れてみてください。

まとめ

新型コロナウイルス感染症による健康二次被害は、上記でご紹介した次のちょっとした工夫によって防ぐことができます。

  • 栄養バランスを意識して食事を見直す
  • 筋トレやストレッチで筋力の低下を防ぐ
  • ストレスを発散するためにも適度に外出する

さらに、リモートで周囲の人と交流を図ったり、パーソナルジムで運動の知識を身につけたりしながら、withコロナ時代の新しいライフスタイルを確立していきましょう!