サプリを見直す理由

年間総額で計算すると現実味が湧く

保険を定期的に見直す方がいらっしゃいますが、普段摂取しているサプリメントはどうでしょうか?

サプリを飲みだすと、CMやドラッグストアで見つけた良さそうなサプリを買い増してしまい、今飲んでいるサプリで何の栄養を摂取しているのかを蔑ろにし、気がついたら栄養の過剰摂取になってしまう方が多いです。

私の母がまさにそうでした。

私の母の実体験でいうと、毎月サプリや健康食品に3万円もかけていました。

年間で36万円です。

それなりにいい買い物ができちゃいますね。

サプリ見直しのポイント

1日に必要な栄養量はどれぐらいか?

サプリを日頃飲んでいる方に質問です。

(もしサプリを飲んでいない方はご家族の方に質問してみてください。)

あなたの1日に必要な栄養量はどれぐらいですか?

これをわかっていない、かつサプリを毎日飲んでいる方はまず飲まない方がいいです。

市販のサプリは、そこまでその栄養の含有量が高くない為、あくまでも補助として摂取するものと認識しておくと良いでしょう。

ただ、ご自身の生活でどんな栄養が足りていないかを理解できていない方は、そもそもサプリを摂取する必要性を理解できていない方なので、飲まない方が経済的でしょう。

1日に必要な栄養量は、年齢や体型、生活スタイルによっても変わってくる為、一概に言えませんが、ご自身の情報を元にGoogleで検索して調べてください。

1日に摂取すべき栄養量から逆算する

前述の必要摂取量が把握できたら、現状の食生活から足りていない栄養素をサプリとして摂取すると良いでしょう。

サプリはあくまでも補助です。

サプリ見直しから生まれた副産物

私の母はサプリの見直しをした結果、毎月3万円かけていたサプリ代が8千円と22,000円もサプリ代の削減を行いました。

年間で264,000円です。

相当な金額の削減に成功しました。

さいごに

サプリと薬はまったく別物です。

サプリを摂取しないからといって、病気になることはありません。

今まで毎日行っていた習慣を変えることは簡単なことではありませんが、年間コストに置き換えてみることで、現実味が湧きやすいと思います。

是非この機会にサプリの見直しを行いましょう。