近年、トレーニングを行う方が増えてきていますね。ジムトレーナーとしては大変嬉しい限りです。笑

ただ一概にトレーニングと言っても、多くのトレーニングがありますよね。ランニング、筋肉トレーニング、エアロビクスなどなど。

一般的に健康=ランニングやエアロビクスと言った有酸素運動が注目されますが、実は筋肉トレーニングも是非、日常的に取り組んで頂きたいトレーニングです。

それは何故なのか今回は筋トレに取り組んで頂きたい理由をご紹介したいと思います。

筋トレは健康維持に深く関係しています

筋肉トレーニングは外見がマッチョになるだけと思っていませんか。実は違うのです。ただ筋肉を大きくするだけのトレーニングではないのです。

筋トレは健康維持と深く影響をしています。では筋肉が衰えるとどんな健康障害発生するのでしょうか。ご紹介をしていきます。

肥満を起こしやすい体質になる

筋肉のは運動のための原動力となりますが、筋肉が衰えると基礎代謝も落ちます。そうすると、消費するエネルギー量が減るので、摂取カロリーが多くなり肥満に繋がるのです。

一方で筋トレは基礎代謝を上げてくれる役割があります。基礎代謝が上がると肥満の予防にも繋がりますので健康障害を避ける事ができます。

認知症の予防

認知症とは、脳の神経脂肪が減ることによる萎縮で物事を忘れる病気です。

筋トレと一見無関係に思われますが、筋トレを行うと、脳への刺激が発生し、ホルモンが分泌されます。

脳への刺激によるホルモンの分泌が、脳の活性化に繋がり認知症の予防になるのです。認知症は発症してからでは治りません。進行を遅くする程度の薬しかないのです。その為、認知症が発症する前にならないよう自己ケアを行う事が重要になります。

他にも生活習慣病予防の効果がありますので別の記事でご紹介できればと思います。

私生活に支障をきたす可能性がある

筋肉は人間が生活する上で必要なあらゆる骨を支えています。特に歩行をする際に70%~80%の筋肉が使われているのです。

その筋肉が衰えると、歩行が困難になり私生活に影響が出ます。また姿勢を維持すると言う意味では体幹も鍛えると良いでしょう。

普段の生活で当たり前に出来ていた事が、出来なくなると言うことは精神的ストレスを受けますし、心身共にダメージを与える事になります。

できれば生涯、健康な生活を送りたいものですよね。

最後に

いかがでしたか。筋トレといっても健康維持に深く関わっている事がご理解頂けたかと思います。

筋肉は鍛え続けなければ衰えますが、30歳を過ぎた辺りから加齢による衰えも出てきます。筋肉の衰えが顕著に出始めてから筋トレを行おうとしても、骨の強さ、体力など筋肉を鍛えるために必要な力も気がつけば衰えているかも知れません。そうならないためにも日頃から筋トレの積み重ねが必要になるのです。

PALプライベートジムでは年代別に合ったトレーニングプログラムもご用意しております。利用者の中でも若い方〜ご年配の方まで幅広くお付き合いを頂いております。是非、未来の生活を健康的に過ごせるように共に頑張っていきませんか。

無料でカウンセリングも行っていますので、お気軽にお問合わせ下さい。

おわり