はじめに

高年収者の多くが筋トレをするからなのか、筋トレをするから高年収になるのかという問いに対しては、前者が正しいです。

勘違いしないでいただきたいのが、筋トレを頑張れば高年収になれるわけではありません。

なぜ高年収者は筋トレをするのか?

運動を習慣化させるため

生活習慣病は慢性的な生活習慣が起因して起こる病気です。

病気になってからでは手遅れなのが生活習慣病です。

生きる上で最も大事な資本は、お金ではなく体です。

体という大事な資本を健全な状態に保つためには、運動を習慣づける必要があります。

筋トレは短時間でも、継続していれば素晴らしい効果を得られることから、多くの高年収者に支持されているといえます。

太らないため

上記の運動の習慣化にも繋がることですが、自分の体を太らせないためにも筋トレは有効です。

体がだらしない人は、私生活、仕事においてもだらしないレッテルを貼られます。

日本社会ではそこまで重要視されていませんが、ニューヨークのウォールストリートで働くビジネスマンのほとんどは太っていないです。

ストレスを発散するため

これはやった人にしか感じられませんが、筋トレをするとストレスがなくなります。

気分転換の一環としても取り組んでいただけます。

トレーニーに高年収が多い理由

自己管理能力があるかないかの違い

トレーニーに高年収者が多い理由は、自己管理能力があるからです。

何事においても結果は後からついてくるもので、筋トレも同じです。

腕が太くなったり、お腹周りがシュッとしたりするまでにはある程度の時間がかかるものです。

仕事が出来ない人は計画性がない為、成果が出るまでに諦めてしまいがちです。

筋トレも同じです。

つまり計画的に物事を進めることができる人が仕事も筋トレも継続することができ、成果も出せるため、高年収になるということですね。

さいごに

何事も計画性を持って行動することで確かな結果を得ることができます。

まずは今年の目標を作って、そこから逆算して行動してみてください。