本記事での「間食」の定義は、朝食・昼食・夕食をしっかりと摂っているにもかかわらず、お菓子などを食べてしまう食習慣を指しています。

なぜ間食をしてしまうのか?

間食をしてしまう原因は習慣がほとんどです。

言ってしまえば惰性です。笑

なので、気合で乗り越えましょう!

というのはあまりにも冷たすぎるので、もう少し深掘りした、具体的な対策をご紹介します。

間食をやめる方法

①朝食・昼食・夕食しっかりとる

朝食・昼食・夕食は栄養バランスが整った食事を心がけましょう。

実は栄養バランスがきっちり整った食事をしていると、小腹が空いたりすることが起こりにくいです。

お腹が空く仕組みは、食事で必要な栄養素の何かが欠けている場合に起こりやすいです。

つまり栄養バランスの整った食事をとっていると、栄養不足の状態に陥らないため、小腹が空きにくいです。

②決まった時間に食事をとる

食事をとる時間をなるべく決まった時間にすることも大切です。

そして夕食をとってから3時間以上時間をあけてから就寝する習慣も意識してみてください。

食後3時間あけてから就寝することで、睡眠の質が向上し、QOLが向上します。

③食間はカロリー0のみにする

間食を止めようと心がけていても、初めのうちは食間にどうしてもお腹が空くことがあります。

空腹感が訪れてしまったら、カロリー0の食品を摂取しましょう。

ベストは水・炭酸水(無糖)・お茶・ブラックコーヒー・ストレートティーなどを摂取し、空腹を紛らわせることが良いでしょう。

  1. 朝食・昼食・夕食しっかりとり、且つ栄養バランスの良い食事を摂取する
  2. 決まった時間に食事をとる
  3. 食間はカロリー0のみにする

さいごに

最近では味のついたカロリー0商品が多く存在しているので、自分にあったスタイルで取り組んでみてください。