体重を落としたり、メリハリのある体型を手に入れたりするのに効果的なのが、筋トレをはじめとするトレーニングです。

しかし、いざ始めてみると、怪我やリバウンドを繰り返してしまう人も少なくありません。

そこで今回は、失敗から学ぶ理想的なトレーニングについてご紹介します。

よくある失敗例をもとに解説していくので、うまくいかないと感じている人は必見です!

よくあるトレーニングの失敗例

それではまず、よくあるトレーニングの失敗例から見ていきましょう。

ジムでのトレーニングはもちろん、宅トレで失敗してしまう人の多くは、次の5つのケースが当てはまります。

CASE1 レベルに合わないプログラムを組んでしまう

まず1つ目は、レベルに合わないプログラムを組んでしまうことです。

体を鍛えるためのトレーニングは、自分の今のレベルに合ったものから選ばなくてはいけません。

したがって、動画やネットで見たトレーニング方法をそのまま実践しても、うまくいかないことが多いです。

特に気をつけたいのは、ウエイトトレーニングの重量とセット回数の設定です。

無理な重量で多くのセット回数をこなしては怪我につながり、反対に軽い重量で多くの回数をこなしたとしても、筋トレ効果を実感することができません。

つまり、今の自分のレベルにあった最適な負荷を意識しなければ、せっかくの努力も水の泡になってしまいます。

  • トレーニング中に筋肉を痛めてしまった
  • トレーニングをしているのに効果を実感できない

この2つに該当する人は、自分のレベルに合わないプログラムでトレーニングをしている可能性があることを覚えておきましょう。

CASE2 誤った方向性でトレーニングをしている

2つ目は、誤った方向性でトレーニングをしているケースです。

トレーニングを行う際には、目的を明らかにすることが大切です。

減量したい人とボディメイクしたい人では、トレーニングメニューが大きく異なります。

  • 痩せたけど、リバウンドしてしまった
  • ボディメイクするつもりが不健康な体つきになってしまった

このような事態に陥らないためにも、今の体の状態を考慮しながら、自分の悩みを解消できる効率的なプログラムを組み立てるようにしてください。

CASE3 正しいフォームができていない

3つ目は正しいフォームができていないことが原因で、結果が出ないケースです。

特に自己流トレーニングでは、誤ったフォームでトレーニングを続けることにより、鍛えたい部分をピンポイントで刺激できないケースも少なくありません。

他の部分に負担がかかってしまい、予期せぬ怪我をしてしまう人も多いでしょう。

トレーニングは、正しいフォームで適切なプログラムをこなすからこそ、目に見える確かな効果を実感できます。

一度癖がついてしまうと修正するのが大変なので、最初の段階でプロトレーナーに正しいフォームを教えてもらってください。

CASE4 疲労を考慮せずにトレーニングを続けている

4つ目は、疲労を考慮せずにトレーニングを続けてしまい失敗するケースです。

筋力を強化するためのトレーニングは、疲労が蓄積されたり、筋繊維が損傷したりします。

その後は、休息を取ることによって徐々に筋肉が回復し、筋肉増強や筋力アップといった効果を期待することができます。

これを一般的に「超回復」といいます。

しかし、この超回復期間を無視した状態でトレーニングを続けると、思うような効果を期待できなくなるのはもちろん、パフォーマンスの低下につながることも少なくありません。

毎日トレーニングする → 早く結果が出る

このように思われがちですが、必ずしもそうではなく、適切なタイミングで適切なトレーニングをすることが重要であると覚えておきましょう。

CASE5 栄養面を全く考えていない

最後5つ目は、栄養面を全く考えていないケースです。

これは、ダイエットしている女性に多いです。

体重が増えたり脂肪がついたりするのは、消費カロリーよりも摂取カロリーが上回っているからです。

しかしながら、トレーニングする以上は、必要な栄養素をしっかりと摂らなければいけません。

トレーニングする上で必要となる栄養素を見極め、必要に応じて適切なタイミングで摂取することが大切です。

トレーニング初心者を成功に導く3つのコツ

上記でご紹介した失敗をもとに、理想的なトレーニングを始めるのなら、今からご紹介する成功するための3つのコツを覚えておいてください。

自分に必要な種類のトレーニングを見極める

トレーニングに慣れていない人は、まず今の自分に必要なトレーニングが何かを見極める必要があります。

なぜなら、やみくもにトレーニングの種目を増やしても、疲れるだけで結果が出ないからです。

目的に合わせた部分を鍛えられるトレーニングで筋力をアップさせ、その上で必要に応じて種目を増やしていくようにしましょう。

継続できるレベルに合ったプログラムを組む

トレーニングには、明確なゴールがありません。

体重を落としたり、見た目を変化させたりすることができても、トレーニングを止めてしまえば、状態を維持することができないからです。

つまり、トレーニングで成功させるためには、今の自分のレベルにあった継続できるプログラムを組む必要があります。

特にダイエット目的でトレーニングを始める方は、リバウンドしないためにも長く続けられるものを取り入れるようにしてください。

トレーニングに適した必要な栄養素を摂取する

筋肉を成長させるために必要な栄養素は、タンパク質です。

特にトレーニング後は、筋力アップに有効なゴールデンタイムとなるので、意識的に補給しなければいけません。

ちなみに、トレーニングしている人は、1日のタンパク質の摂取量目安が、体重1kgあたり1.2~1.5gになります。

消化吸収に優れたプロテイン等を活用し、必要な栄養素をしっかりと補給するようにしてください。

まとめ

トレーニングは、知識のない状態でいきなり始めても、高い確率で失敗します。

自分に合った最適なトレーニングプログラムや正しいフォームを教わるためにも、まずはパーソナルジムを有効活用しましょう。

PALプライベートジムでは、プロトレーナーからトレーニングの知識を教わることで、怪我やリバウンドのリスクを最小限に抑えられます!

まずは無料カウンセリングからでも、ぜひお問い合わせください。