はじめに

パーソナルジムを通おうと思うきっかけは人それぞれですが、大抵の方がダイエットではないでしょうか?

客観的に見て明らかに肥満に分類される方から、隠れ肥満といわれる方まで肥満の基準も人それぞれですし、曖昧です。

誰もがダイエットを意識すると、”体重を落とすこと”を考えます。

ジョギングを始めたり、糖質制限をして白米や麺類、パンを摂取しないなど、ダイエット方法も十人十色です。

しかし、そもそも”体重を落とすこと”など非常に簡単です。

それは、消費カロリーを摂取カロリーより多くすること!

これだけです。

テレビCMや電車の広告でも「○週間で、マイナス〇〇kg!!」などの文言は良く目にします。

このカラクリの全てが、とは言えませんが、そのほとんどが過度な食事制限です。

強制的に、消費カロリーが摂取カロリーを上回る生活を毎日繰り返します。

LINEなどで毎食の写真を送ることが徹底されて、カロリー計算されるので、痩せて当たり前です。

むしろ痩せないとおかしいです(笑)

だから「痩せなかったら全額返金」などの文言が平気で謳えちゃいます。

勘違いしないでいただきたいのは、全てのパーソナルジムがそうではないということです。

体重を落としたいニーズに、的確に体重を落とすことで応えているので、お客様が納得すればそれでいいんです。

ただ…

短期間で頑張ったはいいものの、その食生活を一生続けるのか?

それとも、頑張って痩せたカラダを捨てて、元の食生活に戻るか?

こんな2択は誰でも嫌ですよね。

まえがきが長くなりましたが、筆者はパーソナルトレーニングの魅力を正しく理解いただき、一人でも多くの方がパーソナルトレーニングからフィットネスの魅力を知っていただくことが天命と思っています。

フィットネスジムとパーソナルトレーニングジム

専属トレーナーの存在

フィットネスジムには、パーソナルトレーニングをオプションとして追加でつけることができますが、基本的にはマシンが複数台ある施設で、ご自身でメニューを考えてトレーニングを追い込む必要があります。

パーソナルトレーニングジムには、あなた専属のトレーナーが付き、カウンセリングからの目標設定から実際のトレーニングをマンツーマンで行います。

しかし、価格は大きく異なります。

価格比較

これは一概にすべてが正しいとは言えませんが、一般的な価格から単価を割り出した数字です。

月4回(週1回)筋力トレーニングを行う場合

フィットネスジムパーソナルジム
単価2,500円8,000円
月額10,000円32,000円

月8回(週2回)筋力トレーニングを行う場合

フィットネスジムパーソナルジム
単価1,250円8,000円
月額10,000円64,000円

会員制のフィットネスは会費制のため、通えば通うほど単価は下がり安くなります。

一方、ほとんどのパーソナルジムはチケット制や都度払いとなり、一部ボリュームディスカウントもあったりはしますが、単価×回数となるため、トレーニング数を増やすと費用も比例して増えていきます。

それでもパーソナルトレーニング

一にも二にも基礎が大切

運動経験がない方はもちろん、運動経験がある方でも、本格的に筋トレをしたことがない方にはパーソナルトレーニングをおすすめします。

なぜなら、運動経験の有無を問わず、筋トレ未経験者が我流で筋トレをしてしまうと、筋トレの効果が半減してしまうだけでなく、怪我をしてしまうからです。

YouTubeやInstagramで筋トレ情報も多く、それを見よう見まねでできなくはないですが、基本的にSNSでは”映え”を狙うため、見た目が綺麗で派手なトレーニングがよく取り上げられます。

それらのトレーニングはもちろん重要ですが、それ以上に大事な基礎トレーニングは、残念ながら”映えない”です。

基礎があってからの高重量トレーニングまでを超効率的に行うには、我流ではなく、プロが客観的にあなたを見てから作り出すトレーニングメニューがとても重要です。

トレーナーと一緒に自己管理

フィットネスジムでのトレーニングが習慣化されている人は別として、ほとんどの方は自己管理が苦手です。

私も非常に自己管理が苦手な人間ですが、筋トレを習慣化させることに成功しました。

それはなぜか?

パーソナルトレーニングを受けていると、トレーナーと一緒に自己管理を行うため、客観的に自分を見る機会が増えます。

私の場合、パーソナルトレーニングを受けたばかりの当時は、毎週1時間だけはトレーニングする時間が強制的に決まっているため、逆にそれ以外の時間はトレーニングのことを考えなくなりました。

自分の生活に取り入れたかった運動を半強制的に習慣化させることにより、ジムをサボった罪悪感なども生まれず、運動による気分転換や、運動不足による肩こりも解消でき、良いことづくしでした。

今ではフィットネスジムに通って自分でも自己管理をしながら、より発展的なトレーニングはパーソナルジムでプロのトレーナーに教わっています。

おわりに

フィットネスジムやスポーツジムとパーソナルジムは比較されがちですが、どちらも一長一短で、一方が間違いない良いということは決してありません。

ご自身のライフスタイルや、トレーニングの目的や実績によってもニーズはバラバラです。

ただ、筋トレが初心者の方には間違いなくパーソナルジムをおすすめします。

ご自宅や職場までの通勤沿線のどこかにパーソナルジムがある方がほとんどだと思います。

大多数のパーソナルジムはカウンセリングや体験もございます。

一年後の自分に後悔しないためにも、まずは何かしらの行動をしてみましょう。