脂っこい食べ物には、昔から「大根おろし」が推奨されていますよね。

天ぷらや脂がのった焼き魚に組み合わせる人も多いのではないでしょうか。

そんな大根おろしには、体外酵素(食物酵素)が豊富に含まれています。

消化吸収をサポートする酵素を意識的に取り入れることで、胃腸にかかる負担を和らげてくれています。

そこで今回は、美容やダイエットでも注目されている「酵素」についてご紹介します!

そもそも酵素とは?

酵素をわかりやすく一言で表すと、人間が健康的に生きるための欠かせないものです。

酵素自体には、タンパク質やビタミンのように栄養素として直接的な働きをもたらす効果はありません。

しかし、体内に補給された栄養素を分解して吸収させるという重大な役割を果たしてくれています。

ちなみに、酵素には「体内酵素」と「体外酵素」が存在します。

体内酵素は人間の体の中にもともと存在している酵素です。

種類も1つだけではなく、およそ13,000種以上があると言われています。

そして体外酵素ですが、こちらは体の中に存在する酵素ではなく、食品によって得られる食物酵素になります。

人間の体内で作れる酵素には限りがあると、エドワード・ハウエル博士の「酵素栄養学」で、紹介されていることからも、生きるために必要な酵素を無駄遣いしないために、体外酵素(食物酵素)は重要な存在として、注目されるようになりました。

体内酵素には2つの働きがある

上記では、酵素について「体内酵素」と「体外酵素」の2種類をご紹介しましたが、実は人間の体内に存在する酵素には、次の2つの働きがあります。

消化酵素がもたらす効果

まず1つ目は、消化酵素です。

食品から摂取した栄養素を分解して吸収するためには、この消化酵素が必要不可欠です。

栄養素を小さく切り分けて、小腸で吸収できる状態にしてくれています。

ただし、ここで1つ覚えておきたいのが、消化酵素にはいくつかの働きがあり、それぞれが以下のように異なる働きをしている点です。

アミラーゼ唾液や膵液に含まれる酵素。でんぷんを麦芽糖に分解
マルターゼ小腸壁に存在する酵素。麦芽糖をブドウ糖に細かく分解
ペプシン胃液に含まれる酵素。タンパク質を分解
リパーゼ膵液に含まれる酵素。脂肪を脂肪酸へと分解
トリプシン膵液に含まれる酵素。体内に摂取したタンパク質を分解
へプチダーゼ小腸壁と膵液に含まれる酵素。タンパク質をアミノ酸に分解

このように、消化酵素は人間の体内に存在するあらゆる消化器官に存在し、役割分担をしながら私たちをサポートしてくれています。

代謝酵素がもたらす効果

そして2つ目は代謝酵素です。

代謝酵素は、消化酵素によって細かく分解された栄養素を私たちの生命維持活動に必要なエネルギーへと変えてくれる存在です。

この代謝酵素のおかげで、体にある細胞の隅々まで栄養を届けることができ、健康に過ごすための免疫力を高めたり、新陳代謝を向上させたりすることができます。

なお、代謝酵素と消化酵素は連携している仲間のようなものです。

消化酵素に頼りすぎる食生活を送っていると、酵素の無駄遣いとなってしまい、代謝作業の効率が悪くなってしまいます。

その結果、免疫力や自然治癒力が低下して、病気にかかりやすくなる可能性も否めません。

このような事態を避けるためには、消化酵素に負担をかけないような食生活を心がけ、代謝酵素がスムーズに働ける状態へと導く努力が必要です。

酵素が多い代表的な食品

体内酵素を無駄遣いしない一番簡単な方法は、酵素が多い代表的な次の食品を、積極的に摂取することです。

発酵食品(みそ・納豆・キムチ等)

私たちの生活に身近な味噌、納豆、キムチといった発酵食品の多くには、豊富な微生物が含まれます。

この微生物が持つ酵素を体内に取り入れることで、消化・吸収の心強いサポートを行ってくれます。

また、これらの発酵食品は食べ合わせの相性も抜群です。

特に、納豆とキムチを組み合わせて食べることで、腸内環境を良好に導く乳酸菌を多く摂取することができます。

健康、美容、ダイエットと、あらゆる場面で役立ってくれる食品となるので、ぜひ毎日の食事に取り入れてみてください。

葉茎菜類(レタス・キャベツ・セロリ等)

野菜には多くの酵素が含まれていますが、その中でも特に注目したいのが、レタス、キャベツ、セロリといった葉茎菜類(ようけいさいるい)です。

加熱調理することなく食べられる野菜となるので、新鮮なものを生の状態で積極的に食べるようにしてください。

果物(りんご・アボカド・パイナップル等)

ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富な果物には、酵素もたっぷりと含まれています。

スーパーでも気軽に入手できるりんご、アボカド、パイナップルは、酵素を多く含む代表的な果物となるので、日常的に摂取するのがおすすめです。

なお、りんごのような皮ごと食べられる果物は、あえて皮をむかずに食べることによって、多くの酵素をより効率よく摂取できます。

発酵食品の1つであるヨーグルトと組み合わせてあげると、さらにバランスが良くなるでしょう。

食品から酵素を効率よく摂取するコツ

食品に含まれる体外酵素を効率よく摂取するためには、次の2つのポイントが重要です。

  • 生の状態で食べる
  • 新鮮なものを選ぶ

どういうことなのか、さっそく見ていきましょう。

加熱調理せずに生で食べる

酵素は、高温に弱い特性があります。

60〜70度以上の加熱調理をしてしまうと、せっかくの酵素が損われてしまう場合があります。

焼く・煮るといった調理法ではなく、そのまま食べられるサラダ等がおすすめです。

さらに、野菜や果物に含まれる酵素は、野細胞膜の内側にも酵素が存在します。

すりおろすことで細胞膜が破れ、その中から酵素が溢れ出すと、空気に触れることによって活性化してしまいます。

そのため、できるだけ生のまますりおろして体内に摂取するのが良いでしょう。

酸化していない新鮮なものを選ぶ

最近では、スーパーやコンビニで野菜や果物をカットして袋に詰めた、便利なものが販売されています。

しかし、カット野菜・果物は、時間が経つと酸化してしまい、残念ながら酵素が減少してしまいます。

食品が持つ酵素を効率よく取り入れるためには、カットされていない新鮮なものを選ぶようにしてください。

まとめ

人間が生きていく上で欠かせない酵素は、無駄遣いせずに大切に使うことで、消化・吸収・代謝といった場面で役立ち、若々しさを保ったり、太りにくい環境を作り出したりしてくれます。

  • 健康な毎日を過ごしたい
  • 若さをいつまでも保ちたい
  • 美しいスタイルを維持したい

このようにお考えの方は、ぜひ積極的に食品から酵素を補いましょう!