筋トレと食事制限にしっかりと取り組めば理想のボディーが手に入ります。理想のボディーの定義は人それぞれですが、決して高いハードルではありません。

今回は筋トレと食事制限の両方をバランスが大切な理由をご紹介します。

筋トレと食事制限で美ボディーへ

「どちらかだけ」はNG

筋トレだけ、食事制限だけ。と言うような一方的な取り組みはNGです。

ここで言う「食事制限」とは、食事の量を過剰に減らし制限すると言う意味ではありません。太る原因となる栄養素の過剰摂取を抑えましょうと言う意味での扱いでお話をさせて頂きます。

筋トレのみだと、筋肉量は増えますが体脂肪率がなかなか減りません。仮に筋トレをせずに体脂肪減少に良いとされている「有酸素運動」と「食事制限」だけに取り組んで減量の効果が出たとしましょう。

これはすぐに元どおりの体型になる事が多く、一時的なものとして終わる可能性があります。何故ならば、体重に占める筋肉量が少なく、食事量が元に戻ればその分が脂肪へとまわるからです。

そうならない為にも筋トレと食事制限を上手に組み合わせる必要があるのです。

食事制限だけは、ただの減量になる

食事制限を行うと1日の消費カロリーが摂取カロリーを上回りますので、体重が減ります。しかし、減った体重の内訳をご存知でしょうか。

実は脂肪だけが減る訳ではなく、筋肉も減ってしまうのです。そうすると、減量後に食事量を戻した時には減った筋肉量分の脂肪がつく事になります。これが一般的に言われている「リバウンド」です。

また過度な食事制限する事は栄養不足にも繋がりますので、健康障害にも影響が出てきます。その為、食事制限だけを行うのはやめましょう。

筋トレと食事制限をバランスよく取り組みましょう

理想のボディーを手に入れる為には、筋トレと食事の両面について意識をして取り組みましょう。筋トレについてはゴリマッチョを目指す必要はなく、あくまでも体重に占める筋肉割合の増加を目指します。

筋肉量を測定するには様々な要因が関係するので、まずは体脂肪率を目標設定し、そこまで落とす事を心がけてるといいでしょう。

食事制限は摂取する脂肪・糖質の量を減らす事を心がけて下さい。例えば、ご飯の量は拳1個分、揚げ物については上げずに焼く、脂肪分の多い豚肉を鶏肉にするなどです。この少しの工夫が、効果として現れてきますので是非取り組んで下さい。

最後に

どれくらいの筋トレと食事制限が必要なのか、特にこれからボディーメイクを始める方からすると分からない事が多いかと思います。その為、私たちPALプライベートジムでは、そういったご相談を始め個人にあったメニューの立案もさせて頂いております。

私の経験上、ボディーメイクは時間は掛かりますが、日々変化していく自分の姿に一つの楽しみを覚えるかと思います。

苦しい時もあるかと思いますが、その苦労にも寄り添えるトレーナーが皆様をお待ちしております。

共に健康生活を送りませんか。

おわり