私が高校野球をしていた時、ベンチプレスなどのウェイトトレーニングを行っていましたが、その他にも”インナーマッスルトレーニング”を行っていました。特に投手の子はそれを非常に重点的に取り組み、その成果?もあってプロの世界へ進みました。筋トレといえば表面の筋肉だけにフォーカスが当たりがちですが、実は大切な筋肉もまだまだたくさんあります。

「今回はインナーマッスルって何?」←こんな疑問にお応えしようと思います。

インナーマッスルとは

インナーマッスルとは、身体の深いところにある筋肉です。一般的には「外から触れない筋肉」と定義されているようです。

インナーマッスルは医療業界やスポーツ業界などでもよく使用される用語ですが、私たちのスポーツ業界(エクササイズ分野)では、身体の深いところにあり、姿勢の維持や関節のポジショニングのための筋肉を指します。

よく体幹の筋肉と思われがちなのですが、細かく言うと体幹だけでなく上肢・下肢の筋肉もインナーマッスルです。パワーを発揮するといったパワフルな運動や大きな動きをする際に使用する筋肉ではありません。

インナーマッスルの始まり

このワードが使われ始めたきっかけについて少しご紹介をすると、最初は肩のインナーマッスル(外旋筋群)が注目をされました。この筋肉は野球のピッチャーがボールを投げる時に、肩関節を支える役割があります。その外旋筋肉が弱くなると投げるたびに肩の位置がずれて、最終的には肩を壊してしまう恐れがあります。そこでピッチャーが鍛えはじめインナーマッスルという用語が浸透しはじめたのです。

インナーマッスルは姿勢の維持に重要

肩のインナーマッスルをはじめ骨盤周辺、脊柱起立筋、中臀筋などが認知されてきました。関節のポジションを良く保つ事で、良い姿勢を維持し健康な生活を送りましょうという流れになってきています。

インナーマッスルは姿勢を正すために使われます。言い換えれば日常生活で常に使われている筋肉なので、しっかりと働くと、代謝も増えます。そのため太りにくい体質への改善にも一役買ってくれるので、インナーマッスルを鍛える事は非常に重要なのです。

インナーマッスルの効果的な鍛え方

正直、一般的に効果的な鍛え方はないではと考えています。インナーマッスルは身体の深いところにあるので意識がしにくく、自己流で鍛えるのも難しい側面があります。

そもそも、「インナーマッスルに負荷がかかってる」というような感覚も、なかなか得ることさえ難しいでしょう。

そのため、まずはパーソナルトレーニングでご相談頂き、今まで使われていなかった筋肉を呼び起こす作業が必要です。

筋肉のクセは十人十色であり、トレーニングの一番最初が肝心です。PALでは無料でカウンセリングを行っています。ぜひご検討ください。

おわり