新型コロナウイルスによってリモートワークが増えると、自宅にいる時間が自然と長くなり、運動不足になってしまいがちですよね。

  • 体重が増えた
  • お腹周りに脂肪がついた

このようなコロナ太りに、悩まされている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、コロナ太りに効果的な自宅でできる簡単トレーニング法をご紹介します。

短期間で痩せることも可能なので、ぜひ最後まで目を通してみてください!

そもそも「コロナ太り」とは?

コロナ太りをわかりやすく簡単に説明すると、リモートワーク等の影響によって運動不足に陥ったり、食べる量が増えたりしたことで、太ってしまった状態を指します。

一番多いのは、消費カロリーが低下しているのに、摂取カロリーが増えてしまう次のようなパターンですね。

自宅にいる時間が増える

「運動不足+間食」で摂取カロリーが消費カロリーを上回る

脂肪が蓄積されやすくなる

体重が増加する(コロナ太りになる)

つまり、運動不足で筋力が低下して基礎代謝が落ちているにも関わらず、食べる量が今までと変わらなかったり増えたりすることによって、体内に摂取したエネルギーを消費しきれずに、脂肪として蓄えてしまう形になります。

コロナ太り解消には食事制限よりも運動が効果的

食べる量を減らして、摂取カロリーを抑えることで痩せようと考える人もいますが、残念ながらこの方法では、コロナ太りの根本的な対策にはなりません。

なぜなら、無理な食事制限をして一時的に痩せることができても、目標を達成して元の生活に戻ればリバウンドしてしまうからです。

コロナがなかなか収束しない今の状況では、一時的な食事制限ではなく、運動不足を解消する方法を考えた方が、コロナ太りに有効です。

ちなみに、日常的な運動を取り入れて基礎代謝を高めれば、コロナ太りを解消するだけでなく、太りにくく痩せやすい状態を作りだすことができます。

生活習慣病の予防にも効果的ですね!

コロナ太りを改善する簡単な自宅トレーニング5選

それでは具体的に、コロナ太りを改善する簡単な自宅トレーニング法を5つご紹介します。

フラフープ

まず1つ目は、フラフープです。

ちょっとしたスペースがあれば、テレビを見ながら脂肪燃焼効果の高い有酸素運動ができます。

最初は連続して回すのが難しいと感じるかもしれませんが、慣れてくれば長時間床に落とすことなく、回し続けることが可能です。

左右どちらでも回せるように、右5分・左5分といった感じで、交互に回す練習をしてください。

なお、より効率よく脂肪を燃焼できるのは、フラフープを回し始めてから20分が経過した頃です。

右回し左回しの両方合わせて、30分以上を目標にしましょう。

スロースクワット

2つ目は、スロースクワットです。

通常のスクワットは無酸素運動となりますが、ゆっくりと体を動かすスロースクワットは、有酸素運動にもなります。

筋力を鍛えるのと同時に、有酸素運動で脂肪を燃焼することもできるので、コロナ太り解消には最適ですね。

やり方のコツとしては、肩幅程度に両足を広げ、背筋を伸ばした状態で約10秒間かけて体をゆっくりと下げることです。

しっかり下がったのを確認してから、同じ時間をかけて体を元の位置に戻してください。

10回 × 3セットを目標に、取り組んでみましょう。

階段昇降

3つ目は階段昇降です。

二階建ての一軒家にお住まいの方は、自宅の階段を活用してください。

マンションやアパートといった集合住宅にお住まいの方は、建物の階段を活用しましょう。

階段昇降は、階段の上り下りだけを繰り返すトレーニングになりますが、1セット10分を2〜3セット行うことで、脂肪を効率よく燃焼できる有酸素運動になります。

下半身の筋力アップにもつながるので、運動不足解消にはかなり効果的です。

ニーアップ

4つ目のニーアップは、左右の太ももを上げ下げするトレーニングになります。

お尻にある大臀筋を鍛えるのに効果的なトレーニング法としてよく紹介されていますが、下腹部から脚にかけて全体を鍛えることができます。

上半身をまっすぐと伸ばした姿勢の良い状態で行うことで、より高い効果を期待できます。

膝をできるだけお腹に近づけて動かすようにしましょう。

3ステップ体幹トレーニング

最後5つ目は、3ステップ体幹トレーニングです。

プランク → サイドブリッジ → バックブリッジの順番で行うトレーニング法になります。

3つの異なる体勢でインナーマッスルを鍛えることにより、腹部全体をバランスよく引き締めることができるんですね。

コロナ太りによってぽっこりと出てしまったお腹も、この3つを20秒ずつ3セットを目標に頑張れば、解消できるかもしれません。

なお、一番重要なのは正しい姿勢です。

プランクは、体全体が垂直(板のイメージ)になっているのが理想の形になります。

サイドブリッジに関しても、足の膝を曲げることなく正しい姿勢をキープすることが大切です。

バックブリッジは、ひざが90度になるのが正しい姿勢となるので、イラストや画像を参考に挑戦してみてください。

宅トレが続かない人にはパーソナルジムもおすすめ

筋トレや有酸素運動を、自宅でコツコツと続けるのが難しい人は、マンツーマンで指導してもらえるパーソナルジムもおすすめです。

専門的な知識を持つプロに直接指導してもらえば、短期間で効率よくコロナ太りを解消することができるでしょう。

PALプライベートジムでは、女性のボディメイクや男性の筋トレにも幅広く対応しているので、ぜひ活用してみてください。

まとめ

コロナ太りは、少しの努力を毎日積み上げることによって、誰でも簡単に解消することができます。

極端にカロリーを抑える食事制限よりも成功率の高い方法となるので、ぜひ今日から始められることを取り入れてみましょう!