食べた分だけ太ってしまったり、ダイエットしてもリバウンドしてしまったりする人は、もしかすると「太りやすい体質」なのかもしれません。

食べても太らない人やダイエットに成功しやすい人をみて「痩せやすい体質」は、羨ましいなと感じることも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、太りやすい体質に共通する特徴や痩せやすい体質との違いついて解説します。

食べても太らない身体を手に入れたい人は、必見です!

太りやすい体質は存在するのか

そもそも、太りやすい体質は本当に存在するのでしょうか。

  • ちょっと食べただけですぐ太る
  • ダイエットしても痩せにくい
  • 減量に成功してもリバウンドしてしまう

このような悩みを抱える人は、体質的に太りやすい可能性が高いです。

なぜなら太りやすさには「生活習慣によるもの」「体質的なもの」といった、2種類が存在するからです。

食べる量を気をつけていたり、間食を控えていたりするのであれば「自分は太りやすい体質だ」と、理解しておいた方が良いかもしれません。

太りやすい体質に共通する3つの特徴

では、太りやすい体質になってしまう原因についてみていきましょう。

痩せにくく太りやすいと感じている人には、次の3つの共通する特徴が存在します。

脂肪細胞の数が多い

まず1つ目は、脂肪細胞の数です。

人間の体内には中性脂肪を作り出す脂肪細胞が存在し、この脂肪細胞は人によって数が異なります。

原則的に、脂肪細胞は一度増えてしまうと元の状態には戻らないため、次のようなきっかけで増えてしまうと、中性脂肪を増加させやすい体質となってしまいます。

  • 幼少期に太っていた
  • 思春期に太ってしまった

脂肪細胞は、よほど急激な体重の増加でもないかぎり、大人になるとほとんど変動しません。

つまり、10代の思春期までに脂肪細胞の数が決定します。

「子供の頃太っていた」「若い頃急激に体重が増えた時期がある」といった人は、脂肪細胞の数によって太りやすい体質になった可能性があるでしょう。

消化酵素「アミラーゼ」が少ない

続いて2つ目は、消化酵素「アミラーゼ」の量です。

私たちの唾液・膵液には炭水化物に含まれるデンプンやグリコーゲンを糖に分解してくれる酵素が存在しますが、その酵素が「アミラーゼ」と言います。

このアミラーゼの分泌量には個体差があり、少ないと食品を摂取した際に急上昇した血糖値を下げるため、体内で大量にインスリンを分泌してしまいます。

この過剰なインスリンの分泌は、中性脂肪を生みだすことにつながるため、アミラーゼの量が多い人と比較すると、食べたときに太りやすくなってしまいます。

同じ量を食べているのに太る人と太らない人がいるのは、まさにこのアミラーゼの影響かもしれません。

代謝が低下している

最後3つ目は、代謝の低下です。

そもそも体重が増えたり脂肪がついたりするのは、消費カロリーよりも摂取カロリーが上回っているからです。

カロリー(エネルギー)を消費する代謝が低下することによって、食べる量が少なくても太りやすい状態を作りだします。

このような状態では、残念ながら食べる量を調整しても上手に痩せることができません。

ちなみに、代謝が低下する大きな理由は「乱れた食生活」「運動不足」「加齢」などが挙げられます。

太りやすい体質と痩せやすい体質の人の違い

ここからは、太りやすい体質と痩せやすい体質の決定的な違いをご紹介します。

痩せやすい人には、太りやすい人にはない以下の3つの共通点があります。

健康に対する意識が高い

痩せやすい体質の人は、太りやすい体質の人と比較して健康に対する意識が高いです。

「健康のために規則正しい食事をしよう」という考えが大前提として働くため、健康に悪い油っぽい食事を避けたり、野菜を積極的に食べたりする傾向があります。

また、健康に対する意識が高い人は食事をするタイミングにも気をつかいます。

朝・昼・夜といった1日3食の食事を、規則正しく心がける人も少なくありません。

誘惑に耐えきれず、深夜にカップラーメンを食べてしまうようなこともないでしょう。

  • バランスの良い食事
  • 規則正しい食生活

この2つを健康維持の目的で取り入れることにより、自らが痩せやすい体質を作り出しています。

日常的な運動を取り入れている

痩せやすい体質の人は、日々の生活の中に運動を取り入れています。

毎日の通勤や通学を、あえて徒歩にする人も少なくありません。

また駅のホーム内で、積極的に階段を利用する人も多いでしょう。

健康に対する意識の高さや、美意識によって生みだされるものですが、これらはすべて「痩せ習慣」へとつながります。

最近では、スマホのヘルスケアアプリなどを活用し、1日の歩数をチェックする人も多いです。

ストレスを溜め込まない

現代社会でストレスはつきものですが、人は過度なストレスを感じると、食事の量が増える傾向があります。

なぜなら食事をすると、幸せホルモンとも呼ばれる「ドーパミン」や「セロトニン」が分泌されるからです。

そのため、満足度を得ようとする防衛本能のようなものが体内で働き、過食に陥りがちになります。

したがって、痩せやすい体質の人は食べる以外の「趣味」や「運動」といった方法で、上手にストレスを発散していることが多いです。

太りやすい体質の人におすすめなのはパーソナルトレーニング!

脂肪細胞の数や、アミラーゼの分泌量の低下によって太りやすく痩せにくい体質になっている人でも、痩せやすい体質を手に入れることはできます。

運動を習慣づけるために、パーソナルトレーニングをおすすめします。

トレーナーにマンツーマンで運動指導してもらえるパーソナルトレーニングは、その人に最も合った方法でトレーニングのプログラムを組みます。

PALプライベートジムでは、太りやすい体質の方やダイエットしても効果が出にくい方など、体質を変えるための最善策をプロの目線で指導させていただきます。

動画や本を参考にする自己流トレーニングよりも結果が出やすいため、お客様からもご好評いただいております。

また、パーソナルトレーニングはトレーナーと二人三脚で行うため、継続したトレーニングができるところも魅力の1つです。

ダイエットに失敗してしまう人や、食べている量が少ないのに太ってしまうと感じている人は、ぜひ積極的に活用してみてください!

まとめ

太りやすい体質を痩せやすい体質に変えるのは難しいですが、悲観する必要はありません。

自分の体質を理解し、合った方法のダイエットやトレーニングに取り組めば、痩せやすい状態を手に入れることができるからです。

太りやすくて痩せにくいとお考えの人は、ぜひこの機会に食事指導もしてもらえるパーソナルトレーニングを、取り入れましょう。

無料カウンセリングから、お気軽にお問い合わせください。