「コーヒーを飲むと痩せる」「カフェインはダイエットに効果的」という話を耳にしたことはありませんか?

しかしカフェインダイエットには賛否両論があり、何が本当かわからないという方も多いと思います。

今回は、カフェインダイエットの効果やメリット・デメリットについて解説します。

効果を出すためのコツにも触れているので、カフェインで痩せたい人はぜひ最後までご覧ください!

カフェインダイエットとは

そもそもカフェインダイエットとは、カフェインが多く含まれる「お茶」や「コーヒー」を飲むダイエット法です。

サプリメント製品を利用する人もいますが、コーヒーを使ってチャレンジするケースが多いです。

そのため「カフェインダイエット = コーヒーダイエット」とイメージされる方もたくさんいるかもしれません。

なお、コーヒーを使ったカフェインダイエットは、ホットでもアイスでも可能です。

コーヒーに含まれる、カフェインの効果・効能をダイエットに利用します。

さらにコーヒーダイエットは、ポリフェノールの一種である「クロロゲン酸」との相乗効果で、脂肪燃焼が高まるとも言われています。

カフェインの効果・効能

コーヒーや日本茶の玉露に多く含まれるカフェインには、全日本コーヒー協会の公式サイトによると、次のような効果・効能があります。

  • 覚醒(かくせい)作用
  • 血管拡張作用
  • 交感神経刺激(基礎代謝の促進)
  • 胃酸分泌促進作用
  • 利尿作用

カフェインを摂取することで眠気を抑えられるのは、まさに覚醒作用のおかげなのかもしれません。

ダイエットにカフェインが注目されるのはなぜ?

ダイエットにカフェインが注目されるようになったのは、上記でご紹介した効果・効能の中にある「交感神経刺激」「利尿作用」が、深く関係しています。

一体どういうことなのか、詳しくみていきましょう!

利尿作用による水分の排出効果が期待できる

カフェインには、興奮作用のある交感神経を刺激し、毛細血管を収縮させる働きがあります。

この働きは、尿を体外に排出する利尿作用につながるため、コーヒーやお茶を飲むことで尿意が近くなってしまいます。

体の中の水分がより多く排出されれば、その分体が軽くなったように感じます。

体脂肪に良い変化は見られませんが、体重がわずかに軽くなるケースも少なくありません。

そのため、カフェインダイエットは水分の排出効果によって「即効性がある」「実感力が高い」と感じる人もいるでしょう。

交感神経が刺激されることで食欲が低下する

ダイエットは空腹によって失敗に終わるケースがほとんどですが、興奮作用のある交感神経は、リラックス作用のある副交感神経よりも優位に立つことで、食欲が低下します。

食欲が低下する → 食事量が減る → 胃腸の働きが悪くなる

このようなメカニズムによって、自然と食べなくても平気な状態を作り出しています。

食べる量が少なくなれば摂取カロリーが減り、体重も減少します。

無理に食事制限をしなくても痩せられる環境となるため、我慢が少ない・リバウンドしにくいといった利点を感じる人も多いでしょう。

基礎代謝がアップして痩せやすい環境になる

カフェインの交感神経を刺激する作用は、基礎代謝を促進する効果があると言われています。

代謝が上がれば消費カロリーが増えるため、通常よりも脂肪燃焼効果が高まる可能性は高いでしょう。

痩せやすく太りにくい状態を作り出すことで、体重が落ちやすかったり、体脂肪を燃焼しやすかったりします。

カフェインダイエットのメリット・デメリット

冒頭でもお話ししましたが、カフェインダイエットには賛否両論あります。

カフェインにダイエット効果があると考える専門家もいれば、その反対の意見も存在します。

そこで、カフェインダイエットのメリットとデメリットについて、以下にわかりやすくまとめてみました。

カフェインダイエットによるメリット

【メリット】

・気軽に始められる
・リバウンドしにくい
・運動前に飲むと脂肪燃焼効果が高まる

カフェインダイエットによる最も大きなメリットは、気軽に始められるところです。

スーパーやコンビニで販売されているインスタントコーヒーを使えば、コスパの良いダイエットが実現します。

また、カフェインダイエットは交感神経を刺激する作用によって、空腹を感じにくいダイエットが可能です。

無理に食事を我慢するダイエット法ではないので、リバウンドしにくいのもメリットの1つです。

さらに、カフェインダイエットで代謝がアップすれば、運動で得られるダイエット効果も高くなります。

有酸素運動による脂肪燃焼効果が高まるため、トレーニングで減量したい人に最適です。

カフェインダイエットによるデメリット

【デメリット】

・水分不足による脂肪燃焼の低下
・身体が冷えることでむくみやすい
・部分痩せが難しい

脂肪燃焼効果を期待できるカフェインダイエットですが、実は間違った方法で取り入れてしまうと、逆効果の可能性があります。

特に注意したいのは、水分不足です。

カフェインには利尿作用があるため、水分補給にコーヒーや日本茶ばかり飲んでしまうと、体内の水分が不足してしまう危険性があります。

すると、脂肪燃焼する際に必要となる水分が不足してしまい、本来燃焼されるはずの脂肪が蓄積されてしまう可能性があります。

また、カフェインは血管収縮作用があるので、冷えの原因になるケースもあります。

むくみを引き起こし「脚が太く見える」といった、悪影響が生じる場合もあるので注意が必要です。

狙った部位を引き締める「部分痩せ」に適したダイエット法ではないので、ボディメイクをしたい人には向かないかもしれません。

カフェインダイエットの効果を高めるコツ

カフェインダイエットには、カフェインの過剰摂取により、心臓に負担がかかる等の危険性を意識する専門家の声があります。

危険性を避けるのと同時に効果を高めるためには、次の3つのコツに注目してみてください。

  • 運動前に飲む
  • カフェイン以外の水分を補給する
  • 1日3杯までにする

カフェインを多く含むコーヒーや日本茶は1日3杯までを基本とし、同量の水をしっかりと補給するようにしましょう。

また、脂肪燃焼作用を存分に活用するためには、運動前に飲むのがおすすめです。運動中や運動後に、水を飲むのも忘れないでください。

まとめ

カフェインダイエットは、運動前にカフェインを上手に摂り入れることで、脂肪燃焼効果を高められる可能性があります。

正しく活用できれば、今まで以上に嬉しい変化が期待できるかもしれません。

なお、減量ではなく「部分痩せ」や「ボディメイク」をお考えの人には、カフェインダイエットよりも、パーソナルトレーニングがおすすめです。

理想の体型づくりに、こちらもぜひ利用してみてください!