ダイエット失敗の多くの理由

よくダイエットに失敗したと聞きますが、よく聞く理由はこちら

「結果が出ないから」

「運動が辛いから」

「ストレスがハンパないから」

などなど。このような理由で挫折を味わい、ダイエットを諦めてしまう方も多いのかもしれません。確かに結果が出ないと言うのは、痩せたいと言う気持ちが最初はあっても長続きせず、、、モチベーションが下がるので避けたいですよね。

一方で、これでダイエットを諦めてしまうのは非常に勿体無いと思います。なぜならば、しっかりとした手順でダイエットに取り組めば、誰でも痩せる事が出来るからです。ただ、この記事で言う「痩せる」とは”健康的な痩せ”と言う意味ですので、形だけの”痩せ”ではない事を予めご理解ください。

「ダイエット=断食」ではない

ダイエットをしよう!と思い立ったら次に何をしますか。間違っても、断食をする事はやめて下さい。断食は健康に害が出る他、取り組んでても楽しく無いですし継続率が低いと思います。出来る人はよっぽどの覚悟が必要でしょう。

なぜリバウンドをするのか

リバウンドをする理由は簡単に言うと、筋肉不足が原因だと考えられます。過去5~6年、運動していないと言う場合、以前に比べて確実に筋肉量は減、脂肪だけ増のリバウンドボディーになっている可能性が高いとも言われています。

例えば、70kg→60kgのダイエットに成功したとします。この時に脂肪の減少と共に筋肉量も減少します。ダイエット成功後、食生活をダイエット前に戻した時は脂肪分だけがプラスになるため、筋肉量が少ないとダイエット前と同様にたるんだシルエットになるのです。体重だけを目標設定にすると陥りやすいワナです。

リバウンドをしない体づくりを

それではどのように取り組めばいいのか。それは「正しい食事」と「正しい運動」の2つを頑張りましょう。正しい食事とは過度な食事制限では無いです。

意識を変えましょう

まずは普段の生活で自分が何を食べているのかを可視化しましょう。可視化する事で無意識に自分が何を摂り過ぎているかが分かります。これで意識改革をして下さい。それと同時にストレスを感じる事があればストレッチを行い少しでも解消するように心がけて下さい。

食事内容に注意しましょう

意識が変われば次は具体的な食事メニューです。夕食後に高カロリーの食事はNG。控えて下さい。具体的な1日の摂取量は別の記事でご紹介しますが、厚生労働省のHPでは身体活動レベルで分けられていますが、おおよそ1,700~2,000kacl/日、となっています。

厚生労働省HP食事摂取基準:https://www.mhlw.go.jp/houdou/2004/11/h1122-2a.html

筋トレに取り組みましょう

同時に筋トレを行いましょう。具体的な筋トレメニューはこれ!と言うものが無いので、パーソナルトレーニングで個人に合ったトレーニングメニューを組むのが最適です。余談ですが、ウォーキングはエネルギーを消化はしますが、筋肉量を増やす事は出来ません。

最後に

リバウンドは過度なダイエットが原因でもありますが、ダイエットの取り組み方にも原因があります。体重だけを見ていると間違ったダイエット方法になるので、+αで筋肉量にも注目してみて下さい。

PALトレーニングジム烏丸御池店でもダイエットプログラムを実施しており、食事指導・トレーニングメニューを個別ご相談が可能です。多くの女性の方にご利用頂いていますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

おわり