ボディメイクの目的

ボディメイクを始めるきっかけは人それぞれです。

引き締まった身体になる為、モテる為など、皆それぞれの目標の為にボディメイクをスタートしていきます。

その中で最も大切なのことは、明確な身体をデザインするイメージすることです。

「やる気はあり、努力しているのに、結果が出にくい」

「こんなにも自分の時間をボディメイクに費やしているのに」

「こんなにもボディメイクを頑張っているのに…」

ボディメイクをやっているとこのような悩みにぶつかる方が少なくありません。

実はこの様な方々には、上記の明確な身体をデザインするイメージが足りない方がほとんどです。

自分の身体の形、特徴を把握して、どの部位をトレーニングしてシェイプアップすべきか、その為にはどの様なトレーニングをすべきか。

それらを理解した上でトレーニングを実施することが非常に大切です。

はっきり申し上げますが、漠然としたトレーニングではモチベーションを維持する事が出来ません。

どの様な身体になりたいのかを明確にイメージする事が必要です。

トレーニングを理解する

銅像のダビデ像をイメージしてみてください。

見た瞬間に美しい身体だなと思います。

しかし、ただ見ただけではダビデ像の身体は、どのパーツがどの様になっているのか、などと考えることはありません。

しかし、理想的なボディメイクを行うためには、それぞれの筋肉の大きさ、バランスなどを観察する必要があります。

視点を変えてもう一度見てみると、ダビデ像のそれぞれ筋肉は、さほど大きくありません。

つまり、カッコいい身体、美しい身体とは、むやみに大きな筋肉ではないんです。

バランスのとれた筋肉、全体的な身体のラインが最も重要になります。

何も考えないでトレーニングしても、カッコいい身体、美しい身体を手に入れることはできません。

まずは現状把握

現状把握の第一歩は、自分の姿を鏡で見ることです。

自分の理想はどこをどのように鍛えて引き締めるべきなのか。

その為にはどの様なトレーニングが必要なのか。

脂肪が多いのであれば、食事内容の見直しも必要になってきます。

闇雲に頑張らず、計画的にボディメイクを楽しんでいきましょう。

筋トレとマンネリ化

基本的に筋トレは同じ事の継続が何より大切になってくるのですが、筋トレがマンネリ化してきた方などは、筋持久力を高めてみるのも良い方法の一つです。

筋持久力が高まると筋肉の中の何が変わるのか?

筋持久力のメカニズムは明確には判明されておりませんが、筋持久力を測るためによく行われるのは、最大筋力の30%の負荷を何回出来るかというものです。

そしてこの筋持久力を高めるには、最大筋力の30%よりも少し軽い負荷を使ったトレーニングをすることを私はオススメしております。

最大筋力の20%程の負荷の重量を、挙上不能状態になる(オールアウト)まで繰り返していくことで、筋持久力が確実に上がってきます。

最大筋力の20%以下の負荷でトレーニングをしてしまうと何回やっても疲れずに、500回でもできちゃいます。

もはやトレーニング効果はなくなってしまうので、200回以上挙上出来る場合は負荷を高めてチャレンジしてみてください。

筋持久力が高くなればどのようになるのか?

最も結果が分かりやすいことで言えば、筋肉内の血流量が増えることです。つまり筋持久力向上トレーニングの効果は、筋肉内の血流量を増やすことで、毛細血管が増え、筋肉への栄養をより効率よく供給する事が可能になるという事です。

トレーニングがマンネリ化し、効果が見られない方は、筋肉内の血流量を増やす事で、ボディメイクを加速していきましょう。